Googleマイビジネスのインサイトを使ってMEO対策

Googleマイビジネスは、普段から店舗ビジネスをしている方が自分の店舗についての情報を登録するツールです。
そして店舗情報を登録することによって、Googleマップによる集客をはかることができます。

Googleマイビジネスのメニューには、インサイトという分析ツールがあります。
ここではMEO対策にも使えるインサイトが、実際にどのような項目で構成されているのかについてみていきます。

Googleマイビジネスのインサイトを構成する8つの項目

GoogleマイビジネスでMEO対策として使える分析ツール「インサイト」では、店舗の情報がどのようにユーザーに伝わっているか、ユーザーがどのように反応したかについて、次の8つの項目によって分析を行います。

1.ユーザーがお客様のビジネス情報を検索した方法:直接検索数、間接検索数、ブランド検索数、合計検索数
2.検索クエリ:Googleでお客様のビジネスを見つけるために使用されたクエリ
3.ユーザーがお客様のビジネス情報の検索に使ったGoogleサービス:Google検索経由回数、マップ検索経由回数、合計表示回数
4.ユーザーの行動:ウェブサイトへのアクセス数、運転ルート検索数、通話したユーザー数、合計アクション数
5.ルートリクエスト:ユーザーがお客様のビジネスまでのルートを検索したスタート地点の参照、都市や地域毎の合計検索回数
6.電話:ユーザーがお客様のビジネスに電話をかけた曜日や時間帯、頻度の参照
7.写真:写真の閲覧数、ビジネスリスティングにアップロードした写真の枚数
8.ビジネスが認知されている要因:お客様の店舗についてユーザーの意見を確認

Googleマイビジネスは、普段店舗ビジネスをしている方であればどなたでも登録ができます。
パソコンを開かなくても、Googleマイビジネスのアプリをダウンロードすれば、スマホでも簡単に情報を表示できます。

そしてアプリの管理メニューからインサイトを選択するだけで、ボタンひとつで分析結果を確認しMEO対策に利用することが可能です。

インサイト分析を基にした来店分析でMEO対策

インサイト分析を参照すれば、だれでも簡単に来店分析ができるようになっています。

どれくらいの数のユーザーがどのようなきっかけで店舗についての情報をチェックしたか、どのようなキーワードがフックとなって情報にたどり着いたか、その結果どのようなアクションを起こしたか、主にどの地域からニーズがあるのかなどをインサイトの情報から分析することができます。

GoogleマイビジネスのインサイトはMEO対策に有効利用することが可能です。

集客アップにもつながるMEO対策は、地図検索エンジンにおいて店舗の情報を上位に表示させるための対策です。
このMEO対策は、短期間でも効果が期待できるという特徴があります。
Googleマイビジネスのインサイトで来店分析をおこなえば、効率的に集客をのばすことができるでしょう。

Googleマイビジネスのインサイトを理解して集客アップにつなげよう

MEO対策に有用なGoogleマイビジネスのインサイトでは、ユーザーが店舗を検索するときのキーワードや、地図検索の結果どのような行動を起こしたか、アップされた写真がどれくらい閲覧されているかなどを把握することが可能で、簡単にMEO対策ができるようになっています。

MEO対策で店舗を上位に表示させ、集客アップにつなげましょう。

コメントは利用できません。

求人採用エントリー

求人採用