わたしたちの仲間を紹介します。

effectual(エフェクチュアル)では社内外の様々なデジタルデータを活用し、また現代の消費者行動とメディア特性を理解し、企業と個人のオンライン上の信頼回復やブランド構築の支援を専門とするオンライン評判管理会社です。近年のWebやソーシャルメディアの急速な普及に伴い、企業・個人共にオンライン上の自身の情報を掌握することが困難になっており、従来のようなスポットでの場当たり的な手法のみでは、ステークホルダーとの信頼を取り戻したり、長期的に良好な関係を築くことが難しくなりつつあります。当社の代表は、大手企業の中心に約500社以上、著名人や経営者などのエグゼクティブは150名以上を対象に計6年間もの期間をオンライン上の信頼回復・ブランド構築に費やしてきました。そこで培った様々なノウハウやテクニックにより、企業・個人の課題解決を最適な手法で支援いたします。

チャレンジし続ける姿勢

YASUAKI IWATA

CTO 取締役

株式会社日立ソリューションズR&D部門にて情報爆発を課題とした企業内CMSをテーマに、パターンマッチング・グラフ理論・統計解析を用いたコア技術の開発を行う。その後、ビッグデータ事業の立ち上げに従事(主に製造業における故障予兆検知・要因分析、コンシューマーマーケティングにおける行動予測などのAIの開発および業務適用コンサルティング)。2016年10月、エフェクチュアルCTOに就任。岩田泰明

YASUAKI IWATA

大学卒業後、株式会社日立ソリューションズに入社。R&D部門にて情報爆発を課題とした企業内CMSをテーマに、パターンマッチング・グラフ理論・統計解析を用いてコア技術の開発を行う。その後、事業部門にてビッグデータ事業の立ち上げに従事(主に製造業における故障予兆検知・要因分析、コンシューマーマーケティングにおける行動予測などの業務適用コンサルティング・アルゴリズム開発)。また一方では、ビッグデータに関する社外講演や、IoT標準化団体での活動も行う。2016年10月、エフェクチュアル取締役に就任。

テストテスト

大学卒業後、株式会社日立ソリューションズに入社。R&D部門にて情報爆発を課題とした企業内CMSをテーマに、パターンマッチング・グラフ理論・統計解析を用いてコア技術の開発を行う。その後、事業部門にてビッグデータ事業の立ち上げに従事(主に製造業における故障予兆検知・要因分析、コンシューマーマーケティングにおける行動予測などの業務適用コンサルティング・アルゴリズム開発)。また一方では、ビッグデータに関する社外講演や、IoT標準化団体での活動も行う。2016年10月、エフェクチュアルCTOに就任。

求人採用エントリー

求人採用