Google検索結果(SERPS)の連続スクロールを廃止!今後のユーザー行動は?

SORILa編集部

最終更新日 2024.06.26

Googleは、2024年6月25日(太平洋時間)に検索結果 (SERP)の連続スクロールを廃止しました。PCではすでに連続スクロール廃止が実装されており、モバイル検索でも来月中に削除される予定です。

この記事では、Google検索結果の連続スクロール廃止によるユーザーへの影響と企業が実施すべき対策について紹介します。

Google連続スクロールとは

連続スクロールとは、Google検索結果の最初のページをスクロールするとさらに検索結果が自動読み込みされるというもので、最大4ページ分のスクロールが可能です。それ以降の検索結果を見る際は、今までと同様に(もっと見る)“See more”ボタンを押すことにより、次の結果を読み込むことができます。

XやFacebookなどの各SNSで一般的に活用されている無限スクロール “Infinite scrolling”とは切り分けて、Googleは連続スクロール“Continuous scrolling”と呼んでいます。

この連続スクロールは2021年10月にGoogleモバイル検索で導入され、その後2022年12月にPCでも反映されました。
(〜2024/6/25)

Google連続スクロール廃止後の仕様|以前に戻る

Google連続スクロール廃止後は、以前と同様にGoogle 検索結果 1 ページ目のフッターに、従来のページ区切りバーが表示されます。

さらに、連続スクロールの導入によって消し去っていたページネーション(ページの分割やページ番号)が検索結果の底に再び現れています。

廃止理由|検索結果の表示速度を上げるため

Googleの広報担当者によると、この変更はGoogleの検索結果表示速度の向上のためと述べています。さらに連続スクロール機能が必ずしもユーザーの満足度向上につながっていないことが判明しました。

この変更は、ユーザーが明示的に要求していない結果を自動的に読み込む代わりに、より多くの検索でより速く検索結果を提供できるようにするため

より多くの結果を自動的に読み込むことでGoogle検索の満足度が大幅に高まるわけではないことがわかった

この決定は、ウェブサイト運営者にとって多少影響を与える可能性があります。特に、検索結果の2ページ目以降に表示されるサイトは、クリック数の減少が予想されます。

参照:Search Engine Land

まとめ|上位記事(検索結果1ページ目)の重要性が高まる

Googleは連続スクロール機能を廃止し、ページネーション方式に戻しました。これにより、検索結果の表示速度向上が見込まれます。連続スクロールによるユーザー満足度への影響はないと考えられますが、ユーザー行動には多少変化があると予想されます。

連続スクロール廃止後は、ユーザーはページネーションのリンクもしくは「Next」ボタンをクリックして次のページに移動する必要があります。この手間により、2ページ目以降の検索結果を表示せずに離脱するユーザーが増え、結果として2ページ目以降のサイトのクリック数が減少する可能性があります。そのため、1ページ目に表示されるサイトや記事の注目度が高まり、重要性を増します

企業にとっては、検索結果の1ページ目(上位10記事)にポジティブな内容を掲載し、企業ブランディングの安全性を守る戦略が必要となります。上位表示される検索結果は、ユーザーの目に触れる機会が増え、ブランドイメージや信頼性に直結します

株式会社エフェクチュアルでは、お客様の正しい情報をSEOで上位表示化。
検索結果に表示されるネガティブな情報の上位表示を防ぐことで、誹謗中傷や風評被害から企業ブランドを守ります。

  • ネガティブな検索サイト対策
  • 検索候補(サジェスト)対策
  • SNSモニタリング
  • リスク診断

 エフェクチュアルが選ばれる理由

  • 19000件以上の対応実績
  • SNSや掲示板などの投稿の削除や管理が難しい場合でも適切な対応が可能
  • リスク検知から対策まで包括的なリスク支援
  • webリスク事業会社であり、開発から内製で行なっているため高品質なサービスを低コストで提供

まずは無料でリスク検知を行うことができるため、ネガティブ情報についてお悩みをお持ちの方や検索エンジンやサジェストへの対策をお考えの方は、ぜひ検討してみてください。

    確認画面は出ませんので、送信前にもう一度内容をお確かめください。

    No tags for this post.

    この記事を書いた人

    SORILa編集部

    Webリスクマネジメント専門メディア『SORILa』編集部です。 株式会社エフェクチュアルのWebリスク専門コンサルタントが執筆しております。


    SORILa編集部の他の記事

    サービスを詳しく知りたい方はこちら

    資料請求 お問い合わせはこちら