サジェスト対策とは?Googleやyahoo!の違い、企業がとるべき対策方法とメリットを徹底解説

SORILa編集部

最終更新日 2024.07.4

インターネット検索を行う際、GoogleやYahooなどの検索エンジンにキーワードを入力すると、関連するワード(検索候補)が提案されます。このサジェスト機能は、便利ですが、場合によっては自社や個人のイメージを悪くするネガティブなキーワードが表示される可能性があります。

この記事では、サジェスト対策の基本的な概要や必要性について説明し、効果的な対策方法や専門業者に依頼するメリット、さらには具体的な対策方法や削除手続きについてもお伝えします。

サジェスト対策の全体像を把握し、自社や自身の状況に合わせた適切な対策を選択・実施するための知識を得ることができます。

サジェスト対策とは?

サジェスト対策とは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンにキーワードを入力した際表示される、サジェスト*(検索候補)を最適化して、企業や個人のオンラインイメージを管理する手法です。

サジェスト*:一般的に用いられる用語であり、Google検索での正式名称は「オートコンプリート」といいます

サジェスト対策をすることにより、企業や個人の長期的なイメージ管理や改善を行うことができます。このように、サジェスト対策は企業のオンラインイメージに大きな影響を与える重要な施策ですが、その具体的な内容や効果的な実施方法については理解が難しい場合があります。

本章ではサジェスト対策について正しく理解し、企業が自社のブランドを適切に管理・構築するための知識を得ることができます。

サジェスト機能とは?GoogleとYahooの違い

サジェスト機能とは、ユーザーが検索キーワードを入力した際に関連する検索候補を自動的に表示する検索エンジンの機能です。

GoogleやYahoo、Bingなどの検索エンジンだけでなく、zozoやAmazon、楽天などのECサイト、InstagramやYouTubeなどのプラットフォームで採用されている便利な機能です。この機能は、ユーザーの検索をより効率的にし、目的の情報に素早くアクセスできるようサポートします。

ほとんどのサジェスト機能は、検索数を基本として実装されているといわれているため、サジェストキーワードはユーザーがよく検索しているキーワードであり、ユーザーのニーズを把握する機能としても活用できます。

特に日本国内でよく利用されている検索エンジンはGoogleとYahoo!ですが、サジェスト機能の仕組みや特徴が異なっている部分もあります。

ここからはGoogleとYahoo!、それぞれの違いを説明していきます。

更新頻度
Google: 平均2週間に1回程度更新
Yahoo!: ほぼ毎日更新

サジェストの特徴
Google: ユーザーの検索履歴や位置情報などを考慮し、個人ごとにカスタマイズされたサジェストを提供
Yahoo!: よく検索されるキーワード10個が抽出され、検索数が多い順に並べてサジェストを提供

表示基準
Google: 検索量、ユーザーの過去の検索履歴、地域情報、最新のトレンドなどを考慮し表示
Yahoo!: 主に検索量と最近のトレンドに基づいて表示

追加機能
Google: 関連検索機能があり、検索結果ページの下部に表示される
Yahoo!: 「虫眼鏡」機能があり、関連すると予測される検索ワードを検索結果の最上部と最下部に表示される

Googleサジェストについて

Googleサジェストは、基本的に検索ボリューム、入力したワードと合わせてよく調べられているキーワード、入力したワードと関連のあるキーワードに基づいて表示されていますが、それ以外にもGoogle独自の特徴があります。

それは、個人の検索行動、検索履歴によってパーソナライズされやすいことです。Googleは、検索する位置や端末、これまでの検索履歴などによってユーザーが求めている内容を予測してサジェストキーワードを出現させるため、人によって表示内容が異なる場合があります。また、複合キーワードはパソコンとスマートフォンで同じサジェストキーワードが出現しやすいですが、単一ワードになると、ばらつきが出やすくなる傾向があります。

Googleサジェストの変動は、大体2週間に1回ほどで行われており、検索量や検索傾向を分析していると考えられます。このサジェストキーワードの調整は、認知度の拡大やアクセスアップを図る施策となります。このように、Googleは更新頻度が少ないため、特定のサジェストを表示させるまでの期間は長くなります。

Google関連検索について

Google関連検索は、検索結果の最下部に出現します。

サジェストに似ていますが、異なる仕組みで表示されているため、表示されるワードが全く違う場合もあります。Google関連検索の表示数は最大8つですが、サジェストは最大10つ表示されます。

検索ボリューム、入力したワードと合わせてよく調べられているキーワード、入力したワードと関連のあるキーワードだけでなく、「検索ワードの検索結果で表示されるWEBサイトで頻繁に出現するワード」も表示される仕組みになっています。

そのため、検索量や検索行動以外に、検索結果のデータを含めて出現内容が決まっています。

Yahoo!サジェストについて

Yahoo!サジェストは、Yahoo!が保有する検索データやYahoo!の検索結果を抽出するロジックに基づいて表示されているため、Googleとは異なるサジェストが表示されます。

Yahoo!でよく検索されるキーワード上位10個が抽出され、検索数が多い順に並んでいるといわれています。また、Google同様PCやスマホなど、検索する媒体によって表示されるワードが異なっている場合もあります。しかしGoogleのように検索行動や検索位置が考慮されているわけではありません。

Yahooサジェストの変動は、Googleサジェストとは違ってほぼ毎日、多少の変化が生じており、サジェスト更新頻度が頻繁であることがわかります。検索ボリュームによりキーワードの変動が発生するため、炎上事件やニュースなどの一時的な話題キーワードも反映されやすい傾向にあります。

さらに2023年10月からYahoo!とLINEは統合しサービスを連携したため(LINEヤフー株式会社)、LINEからの流入も増加し、サジェストの仕組み変更などの影響も考えられます。

Yahoo!虫眼鏡について

Yahoo!の虫眼鏡は、検索結果の最上部と最下部に表示される機能です。ワードの横に虫眼鏡のアイコンが表示されているため、虫眼鏡と呼ばれています。

役割はサジェストと似ており、頻繁に検索されているワード、検索したワードと関連性があるキーワード、一緒に調べられているワードを提案してくれます。

GoogleサジェストとYahoo!の違いだけでなく、各検索エンジンのサジェストにはそれぞれ特徴があり、ユーザーの検索体験や得られる情報に差が生じる可能性があります。企業のマーケティング戦略においても、これらの違いを考慮してサジェスト対策を行うことが重要です。

企業や個人におけるサジェスト対策の必要性

サジェスト対策は、企業や個人のオンライン上の評判に直結する重要な施策です。

  • 第一印象の形成
  • 風評被害の防止

サジェストは、ユーザーがよく検索しているキーワードが出現している可能性が高く、企業名や個人名などで検索した場合、サジェストに表示されるキーワードはユーザーが抱くイメージにつながります。

また、誰もが日常的に活用している検索エンジンのサジェストは、自動的に表示される機能であるため、必ず目視される部分です。ユーザーが企業や個人について最初に目にする情報の一つですので、好意的なサジェストは良い第一印象を与えてくれます。その一方で、ネガティブなサジェストは即座に悪い印象を与えます。

このため、オンラインイメージの管理においてサジェストは重要な役割を果たします。適切な対策を講じることで、望ましいイメージを構築・維持することが可能です。

さらに、サジェストは「ブラック企業」「詐欺」などのネガティブなワードが含まれると、深刻な風評被害につながる可能性があります。

企業の場合、採用活動(内定辞退や求人応募者数の低下)や売上(取引先や顧客、株主からの信頼性低下)に直接影響を与えることも考えられます。しかし、サジェスト対策をしっかり実施していくことで、サジェスト内容によっては顧客の興味を喚起し、売上増加にもつながる可能性もあります。また、個人の場合でも、就職活動や転職、ビジネス上の信頼性に影響を与えるため、サジェスト対策は重要です。

サジェスト広告とは?サジェスト対策との違い

サジェスト広告とは、サジェストを利用した広告を指します。サジェスト表示されるキーワードの中に、希望するキーワード(サービス名、企業名など)を表示させることで、ユーザーを誘導します。

サジェスト広告は、検索エンジンの仕組みにより表示される自然なサジェストとの違いがわからないため、ユーザーに広告ということを気付かれずに広告を出すことが可能です。広告と気付かれないことでユーザーのサイト離脱率も低く、ブランディング強化にも寄与します。

主なサジェスト広告の目的は、特定のキーワードをサジェストに表示させ、広告効果を得ることです。即時的な効果が期待でき、クリック率は通常の広告よりも約15%高いといわれています。しかし費用が高く、場合によっては検索エンジン(Google、Yahoo!)からペナルティの対象とみなされます。

サジェスト広告を装って不正なSEOテクニックを使用したり、各検索エンジンのガイドラインを守らなかったりすると、違反行為と見なされます。

<ペナルティ例>

・Webサイトが検索エンジンに表示されない
・検索順位低下
・インデックスからの削除

サジェスト対策とサジェスト広告の違い

サジェスト対策とサジェスト広告は、どちらもサジェスト機能に関連しているため混乱するかもしれませんが、概念が異なります。

サジェスト対策とサジェスト広告の違いは以下です。

サジェスト対策:自然な方法でサジェストを管理し、ネガティブなサジェストの削除や抑制を行う
サジェスト広告:意図的に広告表示させ、ポジティブなサジェストの表示促進を行う

サジェスト対策の目的は、 検索エンジンのサジェスト(検索候補)に含まれるコンテンツの管理・最適化を行い、長期的なイメージ管理や改善をすることです。SEO対策やコンテンツ作成など、自然な方法で行われ、企業や個人が自ら実施することも可能です。一方で、サジェスト広告は即時的な広告効果を狙っています。専門的な広告代理店を通じて実施され、一般的なユーザーや企業が直接実施することはありません。どちらも企業のWEB上のイメージ向上という観点では共通していますが、目的や実施方法、効果の現れ方が異なります。

サジェスト対策のメリット・デメリット

サジェスト対策は、企業や個人のオンラインイメージを管理する上で重要な戦略ですが、その実施には慎重な検討が必要です。

本記事では、サジェスト対策のメリットとデメリットを詳しく解説し、効果的な実施方法や注意点についても触れていきます。ブランド価値の向上や風評被害の防止など、サジェスト対策がもたらすメリットと、実施に伴うリスクや課題を理解することで、自社に適した対策を選択する際の判断材料になります。

サジェスト対策のメリット

適切なサジェスト対策を行うことで、風評被害防止や競合との差別化を図り、ユーザーへ有益な情報を提供し続けることができます。さらに、企業や個人にとって正しいサジェストは、ウェブサイトへのトラフィック増加やSEO効果の向上にも寄与します。

具体的にサジェスト対策によるメリットは以下です。

①ブランドイメージの保守・向上
検索エンジンのサジェストは、ユーザーが企業や個人について最初に目にする情報の一つです。ネガティブなサジェストを防ぎ、本来あるべき企業や個人のブランドを保つことで、信頼性向上や安心感など良い印象を与えることに繋がります。また、サジェストは「よく検索されている」というイメージを与えられるので、ポジティブなキーワードはブランディングに効果的です。ブランドイメージの向上は結果として他社との差別化にも寄与します。

②風評被害の防止
サジェスト対策は、風評被害を防ぐ効果があります。「ブラック」や「辞めたい」などのネガティブなワードがサジェストに表示されると、企業イメージが著しく損なわれる可能性があり、その結果、選考辞退や求人応募者数の低下など、採用活動に悪影響を及ぼします。また、取引先や顧客からの信頼が低下し、売上にも影響を及ぼしかねません。適切なサジェスト対策を実施することで、企業の商品やサービスへの興味を喚起し、売上増加につながる可能性があります。

③即効性のある対策
SEO対策と比較して、サジェスト対策は比較的短期間で効果を得られます。SEO対策は上位化されるまでに3ヶ月〜6ヶ月、1年以上かかるケースも多く、即効性に欠けますが、サジェスト対策は1ヶ月〜2ヶ月、早くて数日で表示される利点があります。

④低コスト
サジェスト対策は、他のWEBマーケティングと比べて低コストだといえます。広告出稿のようにクリックごとに費用がかかるわけでもなく、SEO対策のように大規模なコンテンツ制作や施策コストも必要ないため、コスト効率が良い対策方法です。

⑤ペナルティを受けない
サジェスト対策は、サジェスト広告や被リンク対策(SEO対策の一つ)のように各検索エンジンのガイドラインに反した内容を含むリスクがなく、ペナルティを受けることはほとんどありません。

このように、サジェスト対策はブランド価値の向上や個人の信頼性構築、さらには事業成長やキャリア発展につながる可能性があり、企業と個人の両方にとって極めて重要な施策です。

サジェスト対策のデメリット

サジェスト対策は、多くのメリットをもたらしますが、一方でデメリットも存在します。これらを理解することで、企業や個人にとって本当に必要な施策かどうかを見極めることができます。

サジェスト対策の具体的なデメリットは以下です。

①高い専門知識と技術が必要
サジェスト対策には、検索エンジンのアルゴリズムや最新のSEOトレンドに関する高度な専門知識が必要です。内部でこれらを賄うのは困難であり、一般的には専門業者に依頼することがほとんどです。

②効果測定が困難
サジェストは、どれだけの人がサジェストワードをクリックしたのか、計測することが出来ません。そのため本当に効果があるのか見えづらいのが現状です。しかし、ネガティブなサジェストを非表示化し、ポジティブなキーワードを出現させるなど、キーワードの入れ替えは目視で判断することができます。

③持続可能な管理の必要性
サジェスト対策は、検索エンジンのアルゴリズムの変更や、ユーザーの検索行動の変化によって、効果が一時的に不安定になることがあります。これにより、予期せぬタイミングでネガティブなキーワードが再び表示されるリスクがあるため、常に対策を継続する必要があります。サジェストは定期的に更新を行い、一度対策を行っても持続可能な管理を実施することが望ましいです。

サジェスト対策は、企業や個人のオンラインイメージを守り、ブランド価値を高めるための重要な施策です。多くのメリットがある一方で、デメリットも存在します。これらを総合的に理解し、自社や自身にとって最適な対策を講じることで、オンライン上での評判を効果的に管理することができます。メリットとデメリットを慎重に比較検討し、サジェスト対策を戦略的に活用して、長期的な成功を目指しましょう。

サジェスト対策方法

ここからはサジェスト対策の実践的な方法について解説します。具体的にどのように行えばよいのか、その方法や種類について理解している人は少ないかもしれません。

本記事では、サジェスト対策方法や種類について詳しく解説するとともに、内製で実施するための実践的なステップについても紹介します。サジェスト対策の基礎から実践まで、全体像を把握し、自社に最適な対策を講じるための参考にしてください。

サジェスト対策の種類

サジェスト対策には内製(個人)で行う方法と、専門業者や弁護士へ依頼する方法があります。それぞれの方法は、目的や状況に応じて使い分けることが重要です。

【内製】不要なサジェストの削除依頼をする
オートコンプリートポリシーに違反しているなど、不適切なサジェストは、削除申請をすることで削除してもらえることがあります。Googleの判断によるため、内容によっては削除してもらえないこともあるため注意しましょう。

【外注】専門業者に削除依頼をする
サジェスト対策が可能な専門業者もいるため、早く成果を出したいという場合は依頼するのも1つの手です。専門業者からはサジェストを削除するための細かい提案を受けられ、サジェスト対策における手厚いサポートが受けられるのがメリットです。

【外注】弁護士に削除依頼をする
法的な対応でサジェスト対策をしたいという場合は、弁護士への依頼が望ましいでしょう。実際に法的な違反をしているのか、違反しているとされるサジェストワードがなんの権利を侵害しているかといったことが明確に分かります。

自分でできるサジェスト対策方法

自分でサジェスト対策を行う場合、下記のステップでサジェスト削除を行うことができます。コストをかけたくない場合や、明らかに不適切な内容は、まずは自分で対策してみるとよいでしょう。

1.  サジェストを調査する
サジェスト対策の実施を始める前にサジェストを調査し、対策が必要かどうか確認します。企業名や個人名、商品・サービスの名称をGoogleやYahoo!の検索窓に入力し、どのようなサジェストが表示されているのかを把握しましょう。

<ツールを使用する>
サジェストワードを一括で確認できるツールも存在します。手早く調査したい場合や、調査するキーワードが複数存在する場合は、手動よりもツールを使うことをおすすめします。無料で利用できるツールもありますので、条件に合ったツール選択をして活用しましょう。

おすすめのサジェスト調査ツール

・ラッコキーワード
・Googleキーワードプランナー
・Keyword Tool

2. サジェストが検索エンジンのポリシー違反でないか確認する

GoogleやYahoo!は、オートコンプリートに関するポリシーをそれぞれ提供しています。Googleでは、このオートコンプリートポリシーに反するサジェストは削除の対象になると発表しています。

Googleオートコンプリートポリシー

ー暴力的または残虐な内容の検索候補
ー露骨な性的表現、下品な表現、冒涜的な内容を含む検索候補
ー特定の集団に対して差別的な内容の検索候補
ー著名人に対する不適切かつ抽象的な検索候補
ー危険な検索候補

注意点として、すべての申請が通るわけでないので削除されない可能性があります。また、削除されたとしても、検索エンジンのサジェスト削除のみです。ネガティブなキーワードの元となる誹謗中傷サイトなどは削除されません。

3. 検索エンジンのサジェスト削除申請フォームを利用する
2で説明したオートコンプリートポリシーに反していた場合、検索エンジンのサジェスト削除申請フォームから削除申請を行いましょう。削除の根拠・理由をできる限り具体的に記載するとより効果的です。

削除申請手順

Google:Googleのサジェストに表示された右下の「不適切な検索候補の報告」からフィードバックを送信することができます。

また、「法律に基づく削除に関する問題を報告する」ページにある入力フォームからも報告が可能です。削除の正当性がGoogleに認められた場合には、サジェストを削除することができます。

Googleの申請窓口:法律に基づく削除に関する問題を報告する

Yahoo!:Yahoo!JAPANへログイン後、ヘルプセンターにある「Yahoo!検索 – お問い合わせフォーム」から必要事項を記入して申請することで、サジェスト削除に応じてもらえる可能性があります。

Yahoo!の申請窓口:Yahoo!検索-関連検索ワードに関する情報提供フォーム

削除申請には下記の3つの情報が必要になります
検索結果ページのURL(ワードを検索した結果ページにでるURL)
関連検索ワード(サジェストに表示されている削除したいワード)
詳細(削除したい理由)

4. コンテンツ作成者に連絡する
ネガティブな情報を載せているウェブサイトの問い合わせフォームや掲載されているメールから管理者に直接連絡し、コンテンツの削除を依頼できます。

サジェストに上がるキーワードは、検索ボリュームが増えることにより表示されてしまいます。そのキーワードを含んだ情報の出どころを断ち切らなければ、根本的な解決には至りません。管理者へ削除依頼する際の注意点として、削除申請を行う前に自分の主張が正当であるかを確認し、できるだけ具体的な証拠を添付することが重要です。また、親切丁寧な言葉で申請すると認められやすくなります。

 

関連記事

さらに具体的な方法について知りたい方は下記記事をご覧ください。
サジェスト汚染対策とは?4つの具体的な方法を紹介

専門業者にサジェスト対策を依頼するメリットと費用相場

専門業者にサジェスト対策を依頼するメリットは、サジェスト上に出現するネガティブなワードに対して、迅速かつ効果的に対処できることです。

「GoogleやYahoo!など各検索エンジンの削除申請をしたが、なかなか削除してもらえなかった」というサジェストにも、専門知識と高い技術力で効果を発揮します。

また、企業のWEB上での情報発信力を高めることができます。サジェストに出現していたネガティブワードの上位表示を防ぎ、ポジティブなワードや本来届けたい情報をアピールすることができます。

サジェストの内容や、サジェストの元となる誹謗中傷サイトなどが原因の場合、法的措置も考慮しなければいけませんが、専門業者に依頼をすることによって、警察や弁護士と連携した対応も可能になります。(専門業者のサポート内容を確認する必要があります。)

費用相場については、業者によって異なりますが、一般的には数万円〜数十万円程度が相場とされています。ただし、キーワード数などの対策内容や期間によって費用が変動するため、具体的な費用は業者に相談することをおすすめします。

まとめ:効率的なサジェスト対策で信用性アップ

サジェスト対策は、検索エンジンのサジェスト機能によるネガティブなキーワードにより、企業の信用や売上に悪い影響を与えないための重要な取り組みです。インターネット社会に生きる企業や個人にとって、WEB上の信頼性やイメージの維持のための取り組みは不可欠といえます。

本記事では、サジェスト対策の仕組みやそのメリット、デメリットについて詳しく解説しました。企業や個人が本来あるべき姿をユーザーに届けるためには、サジェスト対策を継続的に実施することが求められます。対策は内製で行うことも可能ですが、専門業者に依頼することも一つの選択肢です。状況に応じて最適な方法を選び、効果的なサジェスト対策を実施していくことが成功の鍵となります。

サジェスト対策なら「オンライン評判管理対策」

株式会社エフェクチュアルは誹謗中傷対策の専門家として、企業や個人のオンライン上のブランドイメージを守る「オンライン評判管理対策」を提供しております。

「オンライン評判管理対策」は、検索エンジンのサジェストに出現するネガティブなキーワードを素早く、効果的に非表示化することが可能です。ネガティブなサジェストにより発生してしまった風評被害や、関連する誹謗中傷サイトにも対応できます。ご状況に合わせて法的措置など適切な対応方法を支援します。

オンライン評判管理対策が提供する機能の一部は以下の通りです。

・ネガティブサイト対策
・ネガティブキーワード対策
・WEBリスク検知
・ネガティブ投稿監視
・WEBリスクに関するセミナー
・コンサルティング

さらに、企業のWEBリスク状況を可視化することができます。誹謗中傷の表示履歴や分析レポートを提供し、対策状況の見える化や改善点の把握を支援します。

エフェクチュアルが選ばれる理由

  • 19000件以上の対応実績
  • SNSや掲示板などの投稿の削除や管理が難しい場合でも適切な対応が可能
  • リスク検知から対策まで包括的なリスク支援
  • webリスク事業会社であり、開発から内製で行なっているため高品質なサービスを低コストで提供

まずは無料でリスク検知を行うことができるため、ネガティブ情報についてお悩みをお持ちの方や検索エンジンやサジェストへの対策をお考えの方は、ぜひ検討してみてください。

    確認画面は出ませんので、送信前にもう一度内容をお確かめください。

    No tags for this post.

    この記事を書いた人

    SORILa編集部

    Webリスクマネジメント専門メディア『SORILa』編集部です。 株式会社エフェクチュアルのWebリスク専門コンサルタントが執筆しております。


    SORILa編集部の他の記事

    サービスを詳しく知りたい方はこちら

    資料請求 お問い合わせはこちら