サジェストを削除する方法とは?Google・Yahoo!・Bing・YouTube・Xについてそれぞれ解説

SORILa編集部

目次

最終更新日 2023.11.14

GoogleやYahoo!などで検索をしているとき、入力したキーワードの横に別のキーワードが自動で表示されることがあると思います。これはサジェストと呼ばれる機能で、ユーザーがたどり着きたい情報にアクセスできるようサポートしてくれるものです。

しかし、自社のサービスや商品名を入力したときに「詐欺」「ブラック」といったサジェストが表示されることもあります。この状態を放置すると、企業は甚大なダメージを受ける可能性があるため早めに対処すべきです。

ここでは、サジェストを削除する方法をGoogle、Yahoo!、Bing(ビング)、YouTube、X(旧Twitter)についてそれぞれ解説します。

そもそもサジェストとは

サジェストとは、検索エンジンが検索ワードを提案する機能です。ユーザーが検索窓で文字を入力したときに、関連性の高いキーワードを予測することにより、検索候補として表示させます。例えばGoogleで「渋谷」と入力すると、「ランチ」「映画」といったサジェストが表示されます。

ここでは、サジェストが表示される仕組みとサジェスト汚染について確認しておきましょう。

サジェストが表示される仕組み

サジェストが表示される仕組みは、おもに以下の要素に基づいています。

  • 検索キーワード
  • 検索時の位置情報
  • 検索ボリューム
  • トレンド(多くのユーザーが検索していること)
  • ユーザーの過去の検索

これらの要素を総合して判断し、サジェストが表示される仕組みです。

なお、テキストを入力する際、入力内容に基づいて予測を自動的に行い、その結果を表示する機能をオートコンプリートと呼びます。オートコンプリートはキーワードだけでなく、URL入力に対応している点も特徴です。URLの入力中に、過去に訪れたことのあるWebサイトからの候補を表示してくれます。

サジェスト汚染とは

サジェスト汚染とは、検索エンジンで特定のキーワードを検索する際に表示されるサジェストが、自社や商品、サービスなどにネガティブな印象を与える状態を指します。例えば「〇〇 詐欺」「〇〇 ブラック」といったキーワードが、自社や商品、サービスの検索時に表示される状態です。サジェスト汚染は、ユーザーにクリックされやすい傾向があるため、自社のブランドイメージや収益に悪影響を与える可能性があります。

サジェスト汚染の原因は大きくユーザーの興味本位によるクリック、意図せぬキーワードとの関連性、悪意ある第三者によるサジェスト汚染の3つです。サジェスト汚染を放置すると、自社のブランドイメージや収益に悪影響を与えるだけでなく、優秀な人材が雇用できなくなったり、信用回復に多くの時間とコストがかかったりする可能性があります。

サジェスト汚染の詳細は、以下の記事もご参照ください。

サジェスト汚染とは?原因や放置してはいけない理由、対策などについて解説

サジェストの種類

サジェストはさまざまなサービスで提供されている機能です。ここでは、代表的なサジェストの種類をご紹介します。

Googleサジェスト

Googleサジェストは、Googleの検索バーに入力されたキーワードと関連性のある他のキーワードが自動的に提示される機能です。ユーザーが入力しようとしているキーワードを予測し、検索をより迅速かつ簡単にするために役立ちます。

Yahoo!サジェスト

Yahoo!サジェストは、Yahoo!検索を使用するときにキーワードを入力すると、そのキーワードからユーザーが興味を持ちそうな関連キーワードが表示される便利な機能です。例えば「野菜」と入力すると「レシピ」「ジュース」といった関連キーワードが提案されます。

Yahoo!サジェストを活用するメリットは、検索をより効率的に行える点です。ただし時折、風評被害を引き起こす可能性のあるキーワードも表示されることがあります。

Bingサジェスト

Bingは、マイクロソフト社が提供する検索エンジンです。Microsoft Edgeに搭載されています。Bingサジェストとは、GoogleやYahoo!などと同様に、ユーザーが入力したキーワードに関連するWebページを検索して表示する機能です。独自の検索技術を採用しているため、GoogleやYahoo!とは異なる検索結果を表示します。

X(旧Twitter)サジェスト

X(旧Twitter)サジェストとは、X上で検索する際に、入力したキーワードに関連するユーザーアカウントやハッシュタグを自動的に表示する機能です。X(旧Twitter)の予測変換機能の1つであり、検索をよりスムーズに行えるようになります。例えば「#おうち時間」と入力すると、自動的に「#おうち時間」を含むツイートが表示される仕組みです。

YouTubeサジェスト

YouTubeサジェストとは、YouTubeの検索窓にキーワードを入力した際、候補となるキーワードが表示される機能です。例えば「渋谷」という言葉を検索窓に入力すると「ライブカメラ」など、渋谷に関係深いキーワードが表示されます。調べたいキーワードに関連する候補が自動表示されるため、ユーザーが興味を持つことが想定される動画を見つけるための支援が可能です。

サジェスト汚染の被害によって発生するリスク

サジェスト汚染を放置すると、企業は甚大な被害にあう可能性が高いでしょう。ここでは、サジェエスト汚染の被害によって発生するおもなリスクをご紹介します。

社会的信用の失墜

サジェスト汚染の被害にあった企業は、顧客やスタークホルダの信用を失う可能性があります。自社や商品などの評判が下がることによって、買い控えや競合他社への乗り換えが発生するかもしれません。また、株主が減るといった事態も想定されるでしょう。さらに、従業員のモチベーション低下や、求人採用率の低下につながる可能性も高いでしょう。

自社商品やサービスのブランド力低下

自社商品やサービス名がサジェスト汚染の被害にあった場合、ブランド力は低下する可能性が高いです。ブランド力の向上には、多くのコストと時間が必要であり、企業にとって重要な資産といえます。しかし、サジェスト汚染にあうことで、これまで培ってきたブランド力を失うリスクもあるでしょう。

収益減少

上記2点のリスクが顕在化することによって、自社商品の購入やサービスを利用する顧客が減るため、収益減少につながるリスクがあります。最悪の場合、倒産に追い込まれる可能性もあるでしょう。したがって、サジェスト汚染の被害にあった企業は、迅速に対策を講じる必要があります。

サジェストを削除する前に実施すべきこと

サジェスト汚染の対策を行う際には、事前に実施すべきことがいくつかあります。ここでは、具体的にどのような作業を実施するべきかを確認しておきましょう。

削除したいサジェストワードを確認

サジェスト汚染対策を実施する場合には、まず削除対象となるサジェストワードを明確化しておくことが必要です。削除の手続きを行うためには、対象となるサジェストワードを指定する必要があるため、検索するキーワードとサジェストの表示内容を確認しておきましょう。

サジェスト汚染の原因となる記事や投稿の有無を確認

次に、サジェスト汚染の原因だと思われる記事や投稿があるかどうかを確認します。サジェストを削除した場合でも、原因となる記事や投稿がWeb上に残っていると、再びサジェスト汚染が発生する可能性が高いためです。原因の根本を取り除くことが、最大のサジェスト汚染対策といえるため、サイト名やURL、スクリーンショットなど、できるだけ多くの証拠を集めておきましょう。

自社の被害状況を確認

サジェスト汚染によって、自社がどのような損失を受けているかも明確化しておきます。被害状況が明確でなければ、各所へ問合わせ、交渉するときに、表現の自由において相手にされない可能性があるためです。弁護士や警察へ連絡する際にも、被害にあっていることを明確化しておく必要があります。

サジェストを確認するデバイスの検索履歴を消去

サジェスト汚染の被害にあっているかどうかを確認するためには、事前に確認するデバイスの検索履歴を消去する必要があります。調査するデバイスで検索した履歴が、優先的にサジェストに表示されることがあるためです。検索履歴なのか、サジェストなのかを確実に判断するためには、調査前に当該デバイスの検索履歴を削除しておくことが望ましいです。

サジェスト汚染の原因である記事や投稿を削除する方法

サジェスト汚染が発生する原因は、自社にとってネガティブな記事や投稿がWebページやSNSなどに存在するためです。これらを削除するためには、該当するコンテンツを掲載する企業に直接交渉するのがもっとも効果的ですが、GoogleやYahoo!などに削除依頼を実施する方法もあります。ここでは、サジェスト汚染の原因である記事や投稿を削除する方法を、サービスごとにご紹介します。

ただし、申請方法は時期によって異なることがあるため、都度確認しましょう。(この記事が書かれたのは2023年11月です)

Googleサジェストの削除方法

Googleサジェストを削除する方法は2つあります。ここでは、それぞれの削除方法を確認しておきましょう。

Googleへ法的な削除申請

違法性・権利侵害をGoogle社に明確に訴えることでサジェスト削除したい場合は、この方法が適しているでしょう。「法律に基づく削除に関する他の問題を報告する」というフォームから申請します。

具体的な削除方法は、以下の通りです。

1:ブラウザでGoogleの「Legal ヘルプ」に設置されている「法律に基づく削除に関する問題を報告する」へアクセスしましょう。

2:申立人の情報(居住国、戸籍上の姓名、会社名、連絡先メールアドレスなど)を入力します。

3:「権利侵害にあたるとお考えのコンテンツ」へ、以下の必要事項を入力しましょう。

  • コンテンツを見つけるのに使用した検索キーワード 
  • 検索キーワードの入力中に表示された、不適切とお考えの予測キーワード 
  • 権利侵害にあたるとお考えのコンテンツが表示される国
  • ご自身の国で適用される法律に基づき、その検索候補が違法となる理由をできる限り詳しくご説明ください 

また、スクリーンショットがある場合は画像を添付し、最期に虚偽でないなどの文言に了承しチェックボックスへチェックを入れます。

4:署名欄に署名します。

5:「送信」をクリックして報告は完了です。Googleからの連絡を待ちましょう。

検索画面の「不適切な検索候補の報告」からの申請

Googleの検索画面からも、直接不適切なサジェストを報告できます。具体的な削除方法は、以下のとおりです。

1:ブラウザで「google.com」にアクセスし、検索キーワードの右下に表示される「不適切な検索候補の報告」をクリックします。

2:「不適切とされる検索候補はどれですか?」という質問に対する回答にチェックを入れましょう。

3:「上で選択した検索候補は」という質問に対する回答にチェックを入れます。

4:「送信」をクリックすれば報告完了です。Googleからの連絡を待ちましょう。

Yahoo!サジェストの削除方法

Yahoo!サジェストを削除する場合は、Yahoo! JAPANヘルプセンターの「Yahoo!検索お問い合わせフォーム」から削除申請を行います。具体的な削除方法は、以下の通りです。

1:ブラウザで「Yahoo! JAPAN」へアクセスし、右上の「ヘルプ」をクリックします。

https://www.yahoo.co.jp/

2:か行の「検索」をクリックし「こんなときは」の「キーワード入力補助機能とは」をクリックしましょう。

3:ページ最下部にある「お問い合わせ」ボタンをクリックします。

4:規約に同意し、再度「お問い合わせ」をクリックしましょう。

5:「このサービスへの情報提供等(注意事項)」である以下内容を確認します。

ユーザ識別子 

メールアドレス

お客様固有のユーザ識別子を提供します。

問題なければ「同意してはじめる」をクリックしましょう。なお、このときYahooIDでログインしていない場合は、ログインが必要です。

6:「どの検索についてのお問合せですか」で「検索結果からの情報削除」にチェックを入れ、「次へ」をクリックします。

7:「検索結果ページのURL」に、削除したいサジェストが表示される検索結果のURLを入力しますしょう。

8:その他サイト情報などを入力し、下部の「確認した」にチェックを入れ「次へ」を2回クリックすれば申請完了です。

Bingサジェストの削除方法

Bingサジェストを削除する具体的な方法は、以下の通りです。

1:ブラウザで「Bing に関する問題を報告」にアクセスします。

2:「問題点について教えてください」の「その他」にチェックを入れ、「Bingが提要する関連検索または検索候補」にチェックを入れましょう。

3:名前とメールアドレス、検索候補を入力します。また「その他の情報を入力してください」へ、詳細な理由や状況を記述しましょう。例えば「自社サービス名」を入力と「ブラック」「詐欺」というサジェストワードが表示されるが、事実無根かつ名誉毀損に該当するといった旨を記入します。

4:CAPTCHA(表示される文字)を入力して「送信」をクリックすれば申請完了です。

X(旧Twitter)サジェストの削除方法

X(旧Twitter)サジェストを削除する方法は、今のところ存在しません。X(旧Twitter)の運営が、個人間の争いに介入したいスタンスを示していることが理由の1つです。したがって、対象となるキーワードに関するポジティブな投稿を複数アップすることで、徐々にネガティブなサジェストを減らす方法などを実施するほかないでしょう。

なお、ネガティブな投稿の削除依頼をXに申請する方法は、以下の通りです。

1:ブラウザで「Xヘルプセンター」へアクセスします。

2:「Twitterにおける安全性や、センシティブなコンテンツに関する懸念」をクリックしましょう。

3:「どのような問題がありますか?」の質問に対し「あるアカウントが私または他の利用者に嫌がらせをしています」にチェックを入れます。

4:対象となるアカウント名や、投稿のURL、問題の内容、依頼主の情報などを入力すれば申請完了です。

5:削除申請後、本人確認のためのメールがX社から届きます。その際、顔写真付きの公的な身分証明書の写しを送付しなくてはいけません。

YouTubeサジェストの削除方法

YouTubeのサジェストを削除する申請フォームは存在しません。そのため、Googleに問合せて、サジェストを削除することは不可能です。ただし、サジェストの原因となっている動画を不適切コンテンツとして報告はできます。

YouTubeの動画を不適切コンテンツとして報告する方法は、以下のとおりです。

1:YouTubeにアクセスし、問題となっている動画を検索します。

2:該当する動画の右下にある「…」をクリックし「報告」をクリックしましょう。

3:「画像またはタイトルの報告」で不適切な理由にチェックを入れて「報告」をクリックすれば完了です。

ただし、コンテンツを削除するかどうかの判断は、Google側の判断となるため、必ず削除される保証はありません。

サジェストを自社で削除できない場合の対処法

サジェスト汚染対策を自社のリソースだけで完璧に実施できる企業は少ないでしょう。そのため、以下3つの方法で対処することが一般的です。

  • 誹謗中傷対策業者へ依頼
  • 弁護士に相談
  • 警察へ連絡

ここでは、それぞれのサジェスト汚染対策の内容をご紹介します。

誹謗中傷対策業者へ依頼

自社でサジェストの削除が難しい場合や、専門的な知識がない場合は、誹謗中傷対策業者への依頼がおすすめです。誹謗中傷対策業者は、具体的に以下のような対策を行います。

  • Web上の誹謗中傷を監視・モニタリング:誹謗中傷の投稿を早期に発見し、早期対応を行います。
  • 悪評が書かれたWebサイトの検索順位を下げる:「逆SEO」の手法を用いて、誹謗中傷や悪評が書かれたサイトの順位を下げます。
  • サジェスト・関連キーワード対策:ネガティブなサジェスト・関連キーワードを除外します。
  • 口コミ対策:例えば、Google検索やGoogleマップに掲載される、Google口コミ対策を行います。

これらの対策は、サジェスト汚染による被害が深刻化する前に問題を解決し、企業の評判を守るために重要なものです。また、誹謗中傷対策業者は専門的な知識と経験を持っており、適切なアドバイスと効果的な対策を期待できます。

なお逆SEOについては、以下記事の内容をご参照ください。

【2023年最新】逆SEO対策とは?仕組みや方法、おすすめのサービス

弁護士に相談

「削除申請しても承認されない」「サジェスト汚染の原因となっている記事や投稿が削除されない」といった場合は、弁護士に相談することも選択肢の1つです。弁護士は法律の専門家であり、誹謗中傷的なサジェストを削除するだけでなく、表示原因となっているWebサイトの運営者やユーザーに対しても、投稿削除や損害賠償請求などによる対処を行い、誹謗中傷の根絶を行います。

弁護士が行う対応は、以下の通りです。

  • GoogleやYahoo!などの検索エンジンに対する削除申請の代行
  • 名誉毀損や営業権侵害など、どのような権利侵害があったのかを論理的に説明し、法的根拠に基づいた適切な内容の削除申請を行う
  • サジェスト汚染の原因となっているWebサイトへの対策(投稿削除や損害賠償請求など)

弁護士に相談することで、法的知識と経験を活かした適切な対応が可能となります。ただし、弁護士に相談する際は費用が発生するため、その点も考慮に入れなくてはいけません。

弁護士が実施する誹謗中傷対策の詳細は、以下の記事でご確認ください。

ネット上の誹謗中傷を弁護士が削除 犯人の特定や損害賠償請求もできる

警察へ連絡

内容が悪質で被害も甚大な場合は、警察への連絡も視野に入れましょう。ただし、警察に動いてもらうためには、事件性があることが条件です。できる限り多くの証拠を集めたうえで、通報する必要があります。

警察へ相談する際には、以下記事の情報もご参照ください。

ネット誹謗中傷への対応策 警察への通報や相談窓口を紹介

サジェスト削除は専門業者へ依頼するのが得策

サジェスト汚染の被害にあった場合は、プラットフォーム側が削除申請を受け付けている場合があるため、今回紹介した内容を参考に実施してみましょう。ただし、削除するかどうかについては、あくまでもプラットフォーム側の判断になるため、確実性に乏しい部分は否定できません。そのため、サジェスト削除を確実に実施するためには、専門業者へ依頼するのが得策だといえるでしょう。

サジェスト汚染を解決するためには、エフェクチュアルの「オンライン評判管理対策」を活用するのがおすすめです。

オンライン評判管理対策は、クライアントのWeb上の情報発信を促進し増加させることで、検索結果上に表示されたネガティブな情報の表示を抑制し、本来実現すべき検索結果上のブランディング構築を支援するコンサルティングサービスです。エフェクチュアルは独自の解析に基づいたさまざまな解決方法を持っており、Web上に発生するあらゆるリスクに対応できます。

オンライン評判管理対策の特徴は、以下の通りです。

WEBリスククラウド

オンライン検知ツール「WEBリスククラウド」は、検索エンジンの検索結果、入力補助関連ワードの推移を取得し、登録したキーワードで検索した際のWeb上のリスクを検知し管理するためのツールです。検索結果をさまざまな角度で分析し、レポートの出力もできます。

ネガティブサイト対策

Web上での企業の情報発信力を高めることにより、検索結果上の誹謗中傷サイトの上位表示を防ぐサービスです。Google/Yahoo!の検索10位以下のサイトは、ほぼユーザーにクリックされないというデータがあります。そのため、誹謗中傷サイトを検索10位以下まで落とすことで、ユーザーが誹謗中傷サイトを閲覧する可能性が大幅に低下し、炎上被害を回避することが可能です。

ネガティブキーワード対策

検索エンジンの入力補助・関連検索に表示される誹謗中傷キーワードを対策するサービスです。風評被害につながる誹謗中傷キーワードを独自のモニタリングシステムにより早期発見できます。発見した誹謗中傷キーワードへ、迅速な対策が可能です。


風評被害対策の資料請求は下のフォームからお申込みください。

資料請求フォーム

    確認画面は出ませんので、送信前にもう一度内容をお確かめください。

    No tags for this post.

    この記事を書いた人

    SORILa編集部

    Webリスクマネジメント専門メディア『SORILa』編集部です。 株式会社エフェクチュアルのWebリスク専門コンサルタントが執筆しております。


    SORILa編集部の他の記事

    サービスを詳しく知りたい方はこちら

    資料請求 お問い合わせはこちら